レクサスやスポーツカーをこよなく愛する離婚弁護士のブログ

離婚手続きに必要な事を理解しておきましょう

離婚に向けてポジティブに動きましょう

赤いフェラーリ離婚をするには一定の手続きが必要です。
定められた離婚手続きをとらなければ、法律上の夫婦仲は解消されず、そのまま放置しておくと、場合によっては、後々、再婚や相続問題などトラブルの引き金になる恐れさえあります。
そこで、こうした問題を回避するためにも、離婚をすると決めたらルールに則った離婚手続をしっかりと行い、法律上の夫婦仲を解消しておくことが賢い別れ方と言えます。

離婚には4つの手続きと方法がある

離婚には離婚全体のほぼ9割を占める協議離婚をはじめ、調停離婚、審判離婚、裁判離婚という4つの離婚手続きがあります。
各々の離婚手続きについて、最低限の知識やルールを把握しておくことが大切です。

離婚がこじれるポイントを把握しておこう

離婚の話合いのうちこじれがちなのが、どちらが親権を持つかの取り決めです。
協議離婚においては、親権者の指定なしには離婚を成立させることはできませんので、最重要問題となります。

問題が起こった場合に参考:離婚弁護士相談広場 | 慰謝料請求から離婚協議・調停を無料相談

財産分与の方法と手続きについて

離婚が成立した後でも、一定期間のうちに慰謝料・財産分与、養育費の請求をすることはできますが、相手方との連絡がとりづらくなったり、財産の把握ができずに適正額を要求するのが困難になるなど、離婚前よりも不利な状況となるおそれがあります。
ですから、離婚成立前に離婚条件の取決めを公正証書などの書面にして、名義変更手続きにも協力する旨の約束を取り付けてから離婚届を提出することが必要です。

離婚後の手続きについて

財産分与によって取得した不動産、預金、自動車等の財産の名義変更は、離婚成立後に行なうこととなります。
財産の名義変更は、相手方から印鑑登録証明書や権利証、車検証などの引渡しを受けないと手続きをすすめることができませんので、離婚後すみやかに手続きを開始できるよう、あらかじめ書類の準備を進めておくことが大切です。
性格が合わないならすみやかに離婚手続きをすすめることが豊かな人生の鍵です。
スムーズで円満な離婚を離婚弁護士は応援します。

最新の離婚関連エピソード

  • lfa-lexus300

    離婚に至る理由は人それぞれ。いろいろあります 小さいころに思い描いていた理想の家庭というものがあるかもしれませ …

    裁判になった時には離婚弁護士に依頼する

  • toyota300

    家庭裁判所による離婚調停 日本の法律では、夫婦双方の合意さえあれば、離婚が成立することになっています。 海外に …

    調停離婚の制度について

  • lfa300

    日本の離婚は結婚直後と熟年離婚に大別される 今では離婚すること自体珍しくありませんが、近年増加しているのが熟年 …

    熟年離婚での注意点とは