熟年離婚になりやすいケース

熟年離婚とは?

子供に手が掛からなくなったり、独立してから離婚するケースも近年では非常に増えています。
このケースを熟年離婚というのですが、何故そうなってしまうのでしょうか。
今回は熟年離婚の基本の基本を考えていきたいと思います。

不満を抱えていても熟年離婚を避けることは多い

すでに夫婦として破たんしていても、子供を第一に考えると離婚はしないほうがよいだろうという結論に至ることもあります。
特に大黒柱が男性の場合は離婚しても女手一つで育てるのはとても大変です。
手に職があるならば、ある程度は稼ぐことは出来ますが、長年専業主婦を行っていて、年齢も若いとは言えず、職務経験などもあまりない人を積極的に採用しようとする企業はほとんどありません。
ですから特に専業主婦だった女性の場合は、離婚をしないで養ってもらうという選択を取る人が多いのです。

経済的な見通しが付けば離婚に踏み切るケースが多くなる

一方で子供が成長して手が掛からなくなれば、子供にかかるお金も減ります。
離婚しても自分だけが暮らしていける程度の収入があれば大丈夫ですから、考え方も変わります。
こういう場合、離婚に踏み切るケースも多いと言えます。
年金も入ってきますし、離婚にあたっては財産分与である程度の資産を得ることも出来るでしょう。

子どもの独立をきっかけに離婚に至るケースが多い

特に女性の場合は今まで離婚をしたいという素振りを見せずに、水面下で計画する人が多い傾向があります。
我慢して、我慢の限界に達した時に離婚を選択するのです。
割り切って仮面夫婦を離婚まで演じるという方もいらっしゃるでしょう。
夫婦共に合意して熟年離婚に進むのではなく、どちらかが我慢して生活をしていて、子供の手が離れたのをきっかけに離婚に踏み切るのです。
夫婦は家族ですが、元々赤の人です。
相手を思いやる気持ちなどがかけてしまったら夫婦関係も破たんしていきます。
長年連れ添っているから何でも分かりあえていると思うのは危険かもしれません。
相手を尊敬して日々生活をすることが夫婦仲良くやっていける秘訣かもしれません。