離婚したいと思うようになる原因とは?

恋人から夫婦になることで全てが変わります

恋愛中は大好きだったのに、結婚して月日が経つにつれて、触れられるのも嫌なくらい嫌いになってしまう、そういうこともないとは言い切れません。
恋愛中に感じていたようなドキドキ感やときめきが一生続くケースは稀です。
大抵の場合はどちらかが妥協したり歩み寄らない限り難しいでしょう。

出産によって変わる夫婦の関係性

特に子供が生まれると女性は女から母に変わります。
女性にしか分からないかもしれませんが、子供を生むと産後クライシスと言いますか、夫に対して嫌悪感を抱いてしまうケースが多いのです。

夫を拒絶するようになる妻も珍しくはありません

その時の夫の対応によっては離婚したいという思いが強く出てしまうことあります。
夫に対して当たってしまったり、嫌悪感をあからさまに出してしまうと、夫婦仲は崩れていきます。
男性側としても、家に帰っても妻に当たられたり怒られるのがオチなので帰りたくないという思いが芽生えてきます。
自分は働いてお金を稼いでいるのに、感謝の気持ちもないのは理不尽だと思うようになってくるでしょう。
一度歯車が狂ってしまうと、元に戻すのが難しくなってきます。

離婚を考える女性へのアドバイス

癒しを求めて別の異性と既成事実を結んでしまったり、ギャンブルに走ってしまったり、負の連鎖が始まります。
相手の行動が自分の思い通りにならないからといって、離婚に直結するのではなく、相手をうまく転がす努力をしましょう。
イラッとくる発言もこらえて流せるくらいの寛大さを身につけましょう。
特に男性は居心地のよい場所を好みます。
仕事でストレスが溜まってるのに家に帰ってまでも安らげないとなると、逃げたくなってしまいます。
嫌いな相手とは誰も結婚しません。
好きという思いがあるからこそ結婚を決意するのですから、恋愛していたときの相手を思う感情を忘れないようにしましょう。