離婚したいときにすべき事

結婚生活に疲れたら

所詮他人と言ってしまうと身も蓋もありませんが、共に暮らす上でお互い妥協しなければならないこともありますし、尊敬し合わなければ結婚生活は成り立ちません。
自分だけのことを考えていたら相手に愛想つかされてしまいますから、思いやりを持って接しましょう。

決断を下す前にまずはゆっくり考えましょう

夫婦生活がうまくいかずに離婚したいと思う事もあるかもしれません。
すぐに行動するのは辞めて、一度踏ん張ってみましょう。
離婚を考える原因にもよりますが、性格の不一致ならばお互いが歩み寄ることによって改善することが出来る可能性もあります。

離婚すべき理由は暴力や不倫、金銭面でのトラブル

暴力や不倫、金銭面のトラブルは一生治らないので離婚という選択は正しいでしょう。
結婚前に分からないこともあります。
その理由は、実際に結婚してから性格が変わったり本性を現すこともありますので、見極めるのは至難の業です。

子どもを中心に新しい生活を考えましょう

結婚して子供がいる場合は、お互いの気持ちだけ離婚を決める訳にはいきません。
子供を中心に考えるべきでしょう。
基本的に親権は母親有利になりますが、話し合いによっては父親が得ることも可能です。
安易な気持ちで結婚して子供を作って、嫌になったから別れるというそんな簡単なものではありません。
女性の場合、専業主婦をしていて離婚するとなった時、相手側に原因があるならば慰謝料などを請求することが出来るのですが、自分が原因で離婚になった場合は逆に慰謝料を請求されることもあります。
養育費は支払われる義務はあるのですが、それだけでは生活することは出来ません。
子供を育てながら、十分に養える収入を得なくてはなりませんから、相当な覚悟を持って離婚する必要があります。
その時の突発的な考えで離婚を決意すると後々後悔してしまいますから、離婚したいときは良く考えてから行動しましょう。